2009年01月04日

カレンダ〜。

年末のカレンダー墓場の光景です。

これだけ余る企業のカレンダー。

普通にもったいないなぁと

誰でも思う光景です。

なぜなぜ5回で考えてみました。


@なぜ余るのか?
→需要不足(つまり使い場所がそこまで無い)、それ以上に供給過剰(猫も杓子もカレンダーを配りにくる)

Aなぜどの会社もカレンダーを取引先全部に配るのか?
→いくつか理由は考えられるが、年末の挨拶に手持ち無沙汰。飾って貰えたら企業アピールになる。貰って困るものではない割に安価につくれる。

Bなぜ企業アピールになるのか?
→良く目に付くので取引き先に思い出してもらえる。会議室など飾ってもらえると、他の競合などにも牽制になる。と、思われる。。

C本当に会議室なんかに取引先の(大抵の場合は受発注の関係で言うと受注先)カレンダーなんかを飾るものなのか?
→あり得ないのでは?うちの会社で見た事がありません。あるとすると、その会社のカレンダーと分からないような予定がたくさん書ける地味なものなら という声が多い。つまりそれだとアピールにならない?

Dそれでも欲しい人はいるのか?
→個人の人には結構需要がある。例えば綺麗な風景のもの、なんかは個人の方にはそれなりに喜ばれる事がある。但し、今回の議題はあまりBtoBの会社のカレンダーの話。

うぅ〜ん。
その昔、とある会社がその月が終わるとミシン目にそって切るとメモ代わりになるカレンダーというのを配っていて、なかなか面白いなと思った事があります。

この余ったカレンダーの使い道を考えてみると

・みんなで切ってメモ帳にする。
→他にも余って捨てている大量の紙ゴミがあるのでその労力こそ無駄。

・社員で分けて持って帰る。
→多分Cのようにあまり一般受けしないメーカーの企業アピールバリバリのカレンダーは誰も持ち帰らないでしょう・・・。

・焚き火の材料にして芋を焼く。
→最近は焚き火が禁止になった?と思い調べてみました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2011165.html
焼き芋くらいなら問題ないんですね。
でもせっかく取引先さんから頂いたカレンダーを焼いて芋をくうのもどうか?と・・・

皆さんどう思います?
posted by laugh always at 14:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

初コメントになります。

一才の娘の子守しながら仕事してます(笑)。

PCでの仕事中に寄らせていただきました。

娘が寝たら、またゆっくり見させていただきます。

それでは失礼します。
Posted by ☆KEEP BLUE☆ at 2009年02月03日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。