2009年01月12日

ファストリの夢

ニュースにファストリの柳井社長の夢の話がでていた。
売り上げ5兆円。

現在の売り上げがたしか上方修正をして6270億円

10倍弱の大構想だ。

以前から衣類小売りで1兆円企業を標榜していた経営陣。

この円高でM&Aが買い手市場になった事を受け1兆円が見えてきたのか?

何かの本で読んだが、時として経営は社員が創造の付かないような大目標を掲げるべきだという。
達成するかしないかの目標だと、社員は自分の何が変われば、部署がどう変わればそれを達成できるのか?どうかがわからず、結局その目標を達成するための施策は社員からは出てこないというもの。

経営が、トンでもない事を言い出した!となれば

これはいよいよ自分もかわらなきゃ!という考え方が出てくるらしい。
(もちろん社風に合うか合わないかはあるが、ファストリはそれを受け入れる素地がある会社だと思う。ヒートテックの例をみても)

自分の会社もいっそのこと今の2倍、いや5倍の成長戦略を言い切ってほしいものだ。





「2020年の夢は経常益1兆円」 ファストリの柳井社長

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正社長はこのほど「2020年の夢」の題で社員にメッセージを送り「グループで経常利益1兆円、売上高5兆円を達成」との抱負を語った。経営計画に基づく正式な目標値ではないが、創業60年を機に社員に一層の奮起と結束を促した格好だ。 柳井氏は現在のファストリを「大企業病にかかっている」と評し、「20年に世界で一番革新的で効率の高い企業になる」との理想を表明。それに向け今年の標語を「グローバルワン・全員経営」とし、管理職教育を強化する考えも示した。(07:00)
posted by laugh always at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112492344

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。