2006年03月05日

ミュンヘン

1000567_02.jpg

〜世界を騒然とさせたスティーブン・スピルバーグの社会派ドラマ〜

私の人生最高傑作作品「太陽の帝国」を撮られたスピルバーグ先生の悲しい社会作品。
一点の無駄もない(と思わせる)フレームワークやストーリー展開はさすが。最後のWTCビルのシーンであなたは何を思うか!

しかし映画館でた後みんなくらかったなぁ。。。


posted by laugh always at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画達磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。