2004年11月03日

eyes wide shut

妻のいない引きこもり時期に一人でみました 
ちょうど、ダンブラウンのダヴィンチコードを読んだあとだったので
ある意味ちがったわくわく感をもってみれました。

他の人の評を読むと
よーわからん鬼才の難解な話しかし映像はきれい
というものばっかりですが、

前出のダヴィンチコードの話の中に出てくるように
怪しげなパーティは
シオン修道会の性の儀式を意識したものであり
キリスト教のに古くからある一派の女性信仰の表れである
という話になんとなくうなづきを得るものがありました。
posted by laugh always at 01:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画達磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/948550

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。